社長のスピーチプレゼン戦略「メソッド」

これが言いたかった!が見つかります。

「伝えたい想いがあるのに、内容がまとまらない」

「堂々と話せと言われるが、どうも自信が持てない」

「聞き手の反応が気になってしまう」

一体、どこをどうしたら良いのか・・・?

 

実はこの答え、既に、ご自身の中にあるのです。

今は、それが見えないというだけ。

ならば、見つけに行けば参りましょう。

それが、当方が提供するスピーチトレーニングであり、コンサルティングです。

 

ご自身の中にある「伝わる力」を引き出すには、以下の2つが必要です。

 

まずは、自然と身につけていた「話し方の癖」を「伝わる体質」にしていくこと。

誰もが自分なりに声を出し、話をしています。いわば皆自己流。

相手に情報を伝えやすい状態になっているのなら幸いですが、

そうではない場合も、当然あります。

この自己流が、良いものなのか、そうでないのか。

自分ではなかなか気がつきませんね。

良くない癖なら直したい。でも全部を否定してしまっては個性が消えてしまいます。

ですから、伝わる力を阻害しているものだけを取り除く。癖は個性に変換する。

体の動きをちょっと変えるだけで、グッと伝わる体質に変化できす。

 

もうひとつは、想いを言葉にする「言語化」のサポートを得ること。

美味しい料理を作るには食材と調理技術が必要。同様に「話したい想い」を「伝わる形」にするメソッドがあります。

ビジネスでもそうですが、あれこれ考えすぎて行動しないのは一番良くありません。

話すことも同じで、頭の中で内容を考えるよりも、声に出して行う方が断然即効性があります。

ただ、闇雲に声を出せば良いというものではありません。そのために、方法論をガイドするトレーナーがいます。

「こうやればいいのだ、意外と簡単・・・」

想いが言語化されることを実感しながら、内容構築力を学べます。

 

 

-じっくりと話す実力を上げたい。

-とにかく次のスピーチをどうにかしたい。

いずれのご希望にも対応いたします。

話し方の癖を伝わる体質にし、想いを言語化するサービス。お客様のご希望に合わせてご提供いたします。

伝わる実力をつけたい方には、しっかり取り組む「トレーニング」。

今度のスピーチをどうにかしたい、そんな場合は数時間で完結する「コンサルティング」をご用意しております。

 

「これが言いたかった!」の答えの種は、すでにあなたの中にあります。

その種を大きく育てて、伝わるスピーチプレゼンを実現しましょう。

伝わったときの喜びは格別。

一人でも多くの方に実感いただけるよう、

お客さまお一人お一人に最適なサポートをご提供申し上げます。

vic%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ab

  

 

「伝わる方程式」が体に染み込むメソッド

VICの理論と実践トレーニングのメソッドは、現在50項目あります。

理論あり、法則あり、方程式あり。

日々の練習方法や困った時の対処法まで。

これらを身につけていただければ、

一生、スピーチやプレゼンテーションで困ることはありません。

と言うと、なんだかと大変そうに感じられるかもしれませんが、

どうぞご安心ください。

机にかじりつく勉強ではなく、

話しながら身についていくメソッドです。

伝わったことが体感できるようになり、話すことが楽しくなります。

本来ご自身が秘めていた可能性の大きさに、気づいていただけるはずです。

メソッドは、これまでお客さまとのセッションで磨きをかけてきました。

今も進化を続けています。

常に、最もフレッシュな形で、お届けしてまいります。

(下表:VICメソッド50)

図1

図2

 

「VIC」は「ボイスイメージ®コンサルティング(Voice Image Consulting)」の頭文字。スピーチ及びプレゼンテーションの戦略的取り組み方を表すサービスの根幹です。

*「ボイスイメージ®」は、VOICE IMAGE 森 裕喜子の登録商標です。

 

サービス一覧