レスリング女子日本代表チームの研修を担当しました

トップアスリートへのトレーニングは大切に思っている仕事の一つです。今回はレスリング女子日本代表チームの皆様に「自己表現・発信力」のトレーニングを行いました。

合宿中、ハードな練習を終えてから勉強。どんな風に受講してくださるかな?と思っていたのですが、大変積極的にご参加いただきました。

今回の特に心がけたのは、世界を相手に戦う選手に、言葉を発する前から全ての発信が始まっていることを理解してもらうことでした。発信というとつい「どんな言葉、言い回して話すか」に気を取られますが、実際には、姿勢、歩き方、などなどの「あり方」「立ち居振る舞い」が大切なのです。全身で「強さと自信」を示せるように、私自身も強い気合いと想いを込めて伝えました。

学習プログラムは「体験しながら体得する」形式です。途中で何度も「話す練習」があります。予めそれをお知らせしてスタートしますので、レクチャー時も気を抜けません。進行する側の私も、聞き疲れない、飽きない工夫を重視しています。そのひとつとして、不意打ちで「どなたかこれまでのところの感想を全員の前でスピーチしてください。やった人はまた一歩金メダルに近づきますよ!」と参加者にチャレンジをします。今回の選手たちはとても積極的でした。「はい!わたしやります!」すぐに手が上がりました。ここで一気に場の雰囲気が変わり、盛り上がります。意気揚々と会場前方に進み出て話す選手には、他の選手やコーチ陣からも拍手喝采が上がりました。この決断力と行動力がやっぱりトップアスリートだと実感させられます。

このように前に出てきてくださった選手には、マンツーマントレーニング的な速攻アドバイスをします。本当にワンポイントですが、ちょっとアドバイスするだけでも話ぶりがググッと良くなるものです。これは私の得意技ですが、話す方の変化が瞬時に見られるので、わたしにとっては幸せな瞬間ですらあります。今回はこのようなことが何度となくありました。それもこれも、学びを自分ごととして丸ごと受け入れよう、絶対世界一になろう!の強い想いと決意があるからこそです。本当にすごいことです。選手の皆様には心からの敬意を表します。

こういった研修で既に千数百名のトップアスリートたちに出会っていますが、特に今回の皆様には、強く共感の思いを持ちました。レスリング競技の特性でしょうか、人と人との距離感が近いというか、オープンで正直、それでいて個性を大切にする、一緒にいて嬉しくなるチームワークがあり、また会いたい気持ちになりました。

終了後、こんな感想をいただきました。

・本当にあっという間の時間だった

・もっと早くこの研修を受けたかった

・一つのことを少し変えるだけで、これほど話し方が変わるんだと知った

・自分の言動には責任が生じることを改めて認識した

・学んだ「技」を使います!

今回お会いした皆様が東京2020で大活躍されることを心から期待、応援しております。ぜひまたお会いできますように!

 

トップアスリートがひたすら金メダルに向かって走り続ける姿は、社長がビジネスにすべてをかけて取り組む姿と重なります。また、とにかく本番に強いのも、社長とアスリートの共通点です。

本気で生きる人は、ビジネスの世界であっても「アスリート」なのです。ボイスイメージでは、そんな人生のアスリートにむけて、スピーチプレゼン戦略のサービスを提供しています。

自分の言葉で伝え、社会を、人を動かす発信力をあなたの中から引き出し、あなたの言葉で世界に発信しましょう!

 

<スパルタ研修のご紹介>

トップアスリート向けのスパルタ研修を、ビジネスマン対象にカスタマイズして提供をしております。「プレゼン練習」「スピーチ力向上」「ロジカルスピーキング」また「メディアでの発信」など、人前で話すことメニューも多彩です。ビシビシとスパルタで行いますが、楽しみながら成長を実感できます。

普通の研修では物足りない皆様、部下を鍛えたい経営者の皆様、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

お問い合わせはこちらから