「参議院自由民主党」で講師を担当しました

参議院自由民主党 年次別議員研修会において「スピーチにおけるイメージ戦略」のテーマで講師を担当いたしました。

JOC副会長でもいらっしゃる橋本聖子先生に、今回の機会をいただきました。

平昌オリンピックなど、昨今の日本人選手の活躍やメディアでの発信について、国会議員の皆様も熱く注目されていらっしゃることを知り、大変嬉しく、感激する思いでした。また、まさに人を動かす発信を日々していらっしゃる議員の方々には、現場でしか感じ取ることのできない大きな学びをいただきました。

志を持ち、それへ向かってまっすぐに突き進むことは、オリンピック、政治、企業経営、いずれの分野であっても同じ「アスリート魂」が宿っていると思います。

橋本聖子副会長の言葉が、心に深く刻まれています。

「人間力無くして、競技力なし。」

 

話し方もまた、その人の「生き方」であると考えます。

 

参議院自由民主党の皆様、大変お世話になりました。

貴重な機会をいただき、誠に有難う御座いました。

ボイスイメージ 森裕喜子

 

ボイスイメージ では、トップリーダーのマンツーマントレーニングで活用している「自分の言葉で伝えるメソッド」を様々な業種、団体の皆様に向けたグループ研修形式でもお届けしています。若手リーダー対象トレーニングや、大学・学校での授業など、様々なご要望にお応え出来るよう、工夫を凝らしてサービスをカスタマイズ致します。ぜひご活用ください。

■サービスに関するお問い合わせについて

下記のお問い合わせフォームより受付しております。お気軽にお問い合わせください。

http://voice-image.com/contact/

「明治大学」で特別授業を行いました

昨年に続き、明治大学文学部教授水村信二先生にお招きいただき、学生の皆様に特別授業を行いました。

水村信二先生はウエルネスに関する研究をされていらっしゃいます。人前で話すことやコミュニケーションもまた「よりよく生きる=ウエルネス」であることから、この特別授業を担当させていただきました。

スピーチプレゼンの大基本を実践盛りだくさんで学ぶ100分間。方法論を解説する際は、前方の学生さんに教壇に出てきてもらい、一緒に実演してもらったりしながら進めました。隣の人と練習するペアワーク、教壇に立ってのスピーチなど、なるべく話す機会が多くなるよう、工夫しました。

みなさん、興味を持ち、心を開いて参加してくれました!恥ずかしそうにしていた方もいましたし、堂々と意見を述べる方もいました。いずれであっても、みなそれぞれに「自分の言葉」で伝えることに立ち向かっていました。1回の授業だけではなんだか名残惜しく、またみなさんに会いたいなあ・・・そんな強い共感を覚えました。

事後アンケートには、

「大学に入ってプレゼンの機会が多くて、どうしたらいいのかわからなかったけれど、今日しっかり学べました!」

このようなご感想をたくさんいただきました。お役に立ててよかったです!授業や部活動でスピーチやプレゼンをする機会がかなりあるようですから、ぜひ、学んだことを使い倒してくださいね!出席してくださった明治大学の学生のみなさん、ありがとうございました!

 

最近は専門学校の学生さんのスピーチ練習に立ち会うこともあります。今回のことも含めて振り返ると、社会人になる前の方々は話す内容も話し方ものびのびしています。そして、ちょっとヒントを渡してあげると素直に受け取って、すぐに吸収、実践してくれます。

このイキイキした自分らしさ。まっすぐなあり方。社会人になっても持ち続けて欲しい!強く願います。学生さんやアスリートの方々にお会いするたび、強く思います。

 

授業の様子は公式ブログにてお読みいただけます

 

ボイスイメージ では、トップリーダーのマンツーマントレーニングで活用している「自分の言葉で伝えるメソッド」を若年層の方々向けやグループ研修形式でもお届けしています。組織の若手リーダー対象トレーニングや大学・学校での授業など、様々なご要望に沿えるよう、様々な工夫を凝らしてサービスをカスタマイズ致します。

■サービスに関するお問い合わせについて

下記のお問い合わせフォームより受付しております。お気軽にお問い合わせください。

http://voice-image.com/contact/

「サービス紹介動画」HPでご覧いただけます

ボイスイメージのサービスについて森裕喜子本人が話す「ご紹介ビデオ(2016年12月撮影)」を当HPでご覧いただけるようになりました。

お客様のご登壇に現地同行する場面、トレーニングの様子、ミーティング等、実際の業務風景を織り交ぜております。ご覧いただけましたら幸いです。

*PC画面では右一番上、スマホ画面ではトップページをスクロールして最初にある動画です。

 

 

「ボイトレスクールでも治らない悩みが改善」S社長 ご感想を掲載しました

お客様からいただいた「受講のご感想」をご紹介いたします。

  • 受講目的「語尾が消えて話が聞きにくい、ボイストレーニングでも解決されない悩み」
  • ご職業:研修会社 代表取締役社長(40代)Sさま

【受講のご感想】

研修講師業をしていますが、研修アンケート等で「語尾が聞き取りにくい」という指摘を受けることがあり、いくつかのボイストレーニングを受講しましたが、約5年間に渡り中々改善されませんでした。

森さんのトレーニングは、理論と実践、頭と身体を使いながら、個人の課題やテーマに沿ったキメの細かい指導をしていただきました。

まさにこれが「パーソナルトレーニング」と言えるものであり、単なる、話し方・プレゼンテーションスキルのレベルを超えた、深いレベルのトレーニングをしていただきました。

トレーニングを受けることにより、以前より「自分の声や発声に意識がいく、アンテナが立っている感覚があり」研修時も、今自分がどんな声を出しているかに意識がいくようになりました。

また、毎日の発声練習を繰り返すことにより、自分の声のコンデションにも意識がいくようになりました。

現在は研修終了後に、「講師の話し方は聞きやすく、また、とても分かりやすい」「ロジカル、丁寧な話し方」とフィードバックを受けるようになりました。

研修中や話している最中は、トレーニングで教えてもらった呼吸を、都度意識しています。

【今回のポイント】

Sさまの場合「語尾が消えて聞き取れない」の原因は「声の出し方」ではありませんでした。むしろ、声質は落ち着いた心地よいお声の持ち主。

初回トレーニングで実際に話していただくと、

  • 一文を長く話す癖がある
  • それに伴い、最後の語尾が弱くなる現象が起きている

つまり「話し方を改善すれば治る」と分析しました。そこで、具体的な対応策として

  1. まずご自身で現状の話し方を認識する
  2. 一文を短く簡潔に話す
  3. 呼吸を深くする

が必要だとお話しし、練習してみたところ、「あ、語尾が消えていない」その場で問題は改善されました。ただし、大事なのはこれからです。この話し方を体に入れ込み、研修本番で常に実践できるようになるかどうか?

従って、トレーニングは「声を治す」ではなく「新たな話し方の方法論を体で獲得する」ことが目的となりました。

>毎日の自主トレメニュー/本番前の準備方法/本番を録音・撮影する/レビューする

を徹底していただき、随時メールでご相談、ご報告を受けながら、定期的トレーニングで磨きをかけて行きました。

その結果、語尾問題が解決しただけなく、論理的な話でわかりやすいと周囲から言われるようになられました。

ご自身の熱心な自主トレ、入念なリハーサルを行われて毎回の本番に挑んだ成果が実られたのです。

課題に対する分析、対応策の徹底実施、本番準備と振り返り。

このサイクルでお悩みを解決する以上の成果を出されました。

Sさまの真摯な取り組みに、脱帽致します。この度はサポートさせていただくことが出来、ありがたく思います。

Sさまの、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

日々の呼吸トレーニング、ぜひご継続くださいませ。

 

森 裕喜子

■サービスに関するお問い合わせについて

下記のお問い合わせフォームより受付しております。お気軽にお問い合わせください。

http://voice-image.com/contact/

「無事キックオフスピーチを終えました」Y社長 ご感想を掲載しました

会社創立30周年記念のキックオフスピーチのため、短期トレーニングを受講されたお客様・Y社長から、無事本番を終えたとのご連絡と同時に、受講のご感想をいただきました。どうぞ、ご一読くださいませ。

  • 受講内容:短期トレーニング/スピーチプレゼン基礎学習、キックオフスピーチ内容作成サポート
  • ご職業:製造販売業  CEO/2018

【受講のご感想】

「いい意味で、全く予想外のトレーニングでした。

大事なキックオフスピーチをどうしようかと、頭を悩ませていました。会社創業から30周年になり、私も還暦。業績は全く問題ないのですが、時期的に若い社員もベテラン達も、会社の未来はどうなるのかな、と少し不安を感じていたようです。それを払拭するスピーチをしなければ・・・と思ってはいたんですが、なかなか言葉にならなかった。もともと話すのは得意ではないと思っていましたし・・・。そこで、今回思い切って受講することにしました。

もちろんスピーチプレゼンのトレーニングは初めてです。森先生が以前出ていたテレビ番組は見ていました。でも、これは、やってみないとわからないですね。ボイストレーニングだけかと思ったら全然違って、頭の中にあったことを全部、話せる形にまでしてくれました。

先生がうまく引き出してくれるので、私が普通に喋る言葉がそのままスピーチになっていくんです。ストーリー性もあって、自分で話していてすごく納得できる。これなら社員にも良くわかると思いました。話しやすいプレゼン資料もまとめてくれました。スピーチライターとも、ゴーストライターとも違います。『私の言葉を先生が生み出してくれる』だから自分の言葉として話せる。スピーチの準備はこうやるのか!と初めてわかりました。これまでは、秘書に「こんな感じで、こういうことを含めて、作っておいて」のように簡単に指示を出し、それ見て話すだけでしたから、伝わる話ができるわけがないんです。そのことがよ〜くわかりました。今回はしっかり準備できたおかげで、本番では全く緊張しませんでした。社員が皆しっかり顔を上げて聞いてくれました。40分の時間も、ぴったりで話せました。

スピーチの場でのお辞儀や立ち居振る舞い、ジェスチャーや目線など、話し方もトレーニングしてもらいました。思い切って今回やって、本当によかったです。

手取り足取り、すっかりお世話になりました。ROI (Return of Investment)がものすごく高いトレーニングでした。ありがとうございました。

ボイストレーニングだけではないですよ、ということをちゃんとHP等で発信してください。こういうサービスならば、待ってました!という社長が世の中にたくさんいるはずですから。」

【今回のポイント】

Y社長、この度はご受講いただき、また、貴重なご感想を頂戴いたしまして誠にありがとうございます。

話すのは苦手と仰られましたが、ご自身の感情を正直に表現することが大変お得意な方でいらっしゃいました。体験談をお話しになる場面ではその強みが大きく活きました。これは貴重な「話す力」です。経営者のお立場ですと、どうしてもファクト中心のお話になったり、感情を出してはいけないと考えておられることも多いようですが、スピーチプレゼンでは「感情」「思い」がとても大切です。社員は、社長の気持ち・想いを聞きたいのです。今回はY社長の「心のままの言葉」がたくさんあったからこそ、伝わるスピーチの形になりました。

トレーニング中、Y社長がなんども口にされたのは「社員に伝わるかな、どう言ったらいいかな」でした。社員の皆様お一人お一人の具体的なお姿を思い浮かべながら練習される姿を見て、このスピーチが伝わらないはずがない、と思いましたし、また、社員の方々はこのような頼れる社長のもとで働くことはとてもお幸せでいらっしゃるな、とも思いました。

キックオフ当日、実際にイベント会場に伺って拝聴しましたが、安定感たっぷり、堂々たるお話ぶりでした。話の内容がご自身の言葉そのものであったこと、そして、話すことが即座に聞き手にすうっと伝わっていくことが目の前で実感できていらしたのだと思います。伝わっている手応えがあったことにより、リラックスした状態でお話になれました。それゆえに、話の間、目線の使い方、ジェスチャーなども、自然にできていました。

聞き手を前にした本番はどれほど準備したとしても、やってみないと、どうなるかはわかりません。ですが、今回の本番は、トレーニング最中よりも何十倍も良いお話でした。会場いっぱいに揃われた社員の皆様が食い入るように聞いておられました。メモをとったり、うなづいたりしながら、40分間、お一人お一人の社員の方とつながりながら話されたことに、そして、お話を通して30年間の軌跡を目の当たりにして、ひとりの聞き手としても感動しました。

社長のスピーチプレゼンで、一つ、共通していることがあります。それは

「社長は本番に強い!」

どの方も、本番になると、俄然、本来のお力を発揮されます。お腹の底、丹田から湧き出る力とでも言いましょうか・・・。そして、それは、準備が整っていればいるほど、より強力なものになります。

伝わる話をされる社長を見て一番嬉しいのは、部下、社員の皆様です!社員のやる気を引き出し、会社を強くする。社長のスピーチプレゼンには、そんな力があるのです!

Y社長、この度は誠にありがとうございました。ますますのご成功を心からお祈り申し上げます。

・・・当方からの発信、おっしゃる通りです。鋭意改善してまいります。ありがとうございます!頑張ります!ということで、この記事も頑張って書きました!Y社長のお言葉のおかげです!

森 裕喜子

■サービスに関するお問い合わせについて

下記のお問い合わせフォームより受付しております。お気軽にお問い合わせください。

http://voice-image.com/contact/

CPI会社力研究所(代表・長谷川和廣)パートナーに加わりました。 

この度、長谷川和廣氏が代表を務める「CPI会社力研究所」のパートナーの一人に加わることになりました。昨年12月、研究所の40周年記念式典の際、司会を務めたことがきっかけでした。今後は、CPIの一員としても自己を成長させながら、社長・トップリーダーの皆様により一層お役に立てるスピーチプレゼンのサービスを提供できるよう、さらなる努力を重ねて参る所存でございます。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

長谷川和廣氏は「CPI会社力研究所」の代表であると同時に、30万部を超えるベストセラーシリーズ『社長のノート』等、実体験に基づいた仕事術や会社経営に関する著作本を出版しています。

 

「お客様の声(サービスへのご感想)」をアップデートしました。

・トレーニングやコンサルティングをお受けいただいた「お客様のお声(サービスへのご感想)」をアップデートしました。

・これまでに表記してあったお声に「実施した年」の表記も加えました。

(「受講動機」の後に「お客様のお声(サービスへのご感想)」が入っております)

ご受講をご検討いただく際ご参考にしてしただけましたら幸いです。

 

*サイト内のレイアウト表示を含め、HPをよりよく改善してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

「主な実績」アップデートしました。

主な実績」に、サービス概要、実施した年などの詳細を加えました。今後、さらに加筆していく予定です。社長のスピーチトレーニング、発信力向上のサービス事例として、ぜひご覧ください。どうぞよろしくお願いいたします。

 

事例「言いたいことを言葉にする」スパルタトレーニング

4年ほど前のコンサルティング現場でのことです。

その業界では圧倒的な存在である某組織のトップを長年務めておられるお客様。

自己評価によると「人前で話すのは大の苦手」。

2年間の長期トレーニングに続いて、年間契約のコンサルティングを承りました。

「今度全社員の前で話すのですが、まあ、こんな風なことを言おうかと・・・」

定期ミーティングの場で、雑談のように聞かせてくださいました。

お話を聞いている最中、

「そこは実際どんな風に思っていらっしゃるんですか?」とたずねたり、

「では〜〜〜ということかもしれませんね^^」など、

流れに任せて問いかけをしたり、感じたことをランダムに繰り出したり。

即興に任せながらのコミュニケーションが10分くらい続き、話の構成も見えてきました。

「不思議ですね、結構簡単に内容がまとまりました。こうして話すと、できるんですよね」

と笑顔で仰いました。

それ以来、コンサルティングだからと言って根を詰めるのではなく、

このお客様の心の中に何があるのだろう?

興味を持ち続け、ゆったりと耳を傾けるコンサルを心がけています。

お客様の考え方や思いを伺え、多くの学びをいただく貴重な機会でもあります。

この仕事をしている喜び、醍醐味を感じる瞬間でもあります。

 

話すのが苦手だ、好きではない、とおっしゃる方でも必ずご自身の言葉をお持ちです。

ですが、いざスピーチとなると、言葉が出てこない、まとまらない。

言葉を引き出し、伝わるようにまとめて行くためのサポートが私の仕事です。

先ほどのケースのように毎回すうっと出来上がる、とは限りません。

ですが、言葉を引き出すことには躊躇せず取り組みます。

そして、伝わる形にするときにも、遠慮なく、大胆に削ぎ落としたり組み替えたり。

迷いなく実行します。

これを体験されたかつてのお客様が「スパルタですね」とおっしゃったことがありました。

 

スピーチなら原稿があるから、それを話せば良いではないか、とおっしゃるかもしれません。

ですが、綺麗にまとめられた原稿を上手に読むことよりも、自分の心から湧き上がってくる言葉の方が強く心に響くのです。話し手本人にとっても、そして、聞き手にとっても。

さらに、苦手だ嫌いだとおっしゃる方が、自らの思いを声と体で発信する時、

これまでに体験したことのないような喜びになり、聞き手にも強く響きます。

 

自分は、こんな風に話す人間だったのか。

人前で話すことを通して、今まで知らなかった自分に出会う。

スピーチプレゼンは「自分を超える旅」です。

まだ見ぬご自身の可能性。それは一体どれほどのものなのか?

スピーチのスパルタトレーニング・コンサルティングを通して、一人でも多くの方にさらなるご自身を発見していただきたいと考えています。

 

*「スピーチのスパルタトレーニング」詳細はこちら(実際の写真入りで紹介)

*「コンサルティング」詳細はこちら

*「過去実績」はこちら

*「お客様の声(受講動機・受講後のご感想)」はこちら

 

事例「超多忙な社長に効く!スピーチのサポート」

社長、トップリーダーの皆様は日々忙しくお過ごしでいらっしゃいますが、

この時期ますますお忙しくなられる時期とお察し申し上げます。

そんな時こそ、ぜひご相談ください。

初めてのご依頼、お急ぎのご依頼、大歓迎です。

当方では、柔軟な形態でお客様をサポート申し上げております。

 

例えば、こんな感じです。(以下は実例)

 

「トレーニングしたいがスケジュールが空かない」

お車に同乗させていただき、次の目的地に到着されるまでの10分間、車内でスピーチトレーニングを行いました。

 

「本番直前に発声練習をしたい」

携帯電話でお顔を見せていただきながら、顔の体操、呼吸、発声の練習をしてから、その日のスピーチ冒頭の一節を練習しました。速攻5分で完了しました。

 

「明日大事なプレゼンがあるので、今からみてもらえますか」

お呼び出しから20分後にお客様のオフィスに到着。

90分のコンサルで、頭の中にあったことをプレゼンの構成にまとめました。

最も伝えたいメッセージも、聞き手に伝わる言語になりました。

 

これらはトレーニングやコンサルティングでご契約いただいている中での実例ですが、

初めてのご依頼でも、可能な限りのサポートを申し上げます。

 

トップリーダーがご登壇になる機会は、富に増えています。

ご講演、シンポジウム、社員へのスピーチ、ミーティングでの一言、あるいは様々な社会的な場所でのご挨拶・・・。

「今度のスピーチ、どうしようか」

「こんなテーマで講演するのは初めてだ」

そんな時、ぜひ、当方をお呼び出しください。

 

声に関すること、お話しになる際の立ち居振る舞い、そして内容。

いずれか一つだけでも対応できますし、全体的なコーディネートも実施致します。

話す内容は社内で作成された原稿がある場合は「話し方」だけのアドバイスもいたします。

一回限りのコンサルでも、きっとお力になります。

 

短いスピーチでも、全ての本番がトップにとっては勝負の場です!

プロの必殺技で、もっと伝わる本番にしていただけるように。

「思い切って頼んで良かった」

どのお客様にもそう思っていただけるように。

日々準備をしてお待ちしております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

*「スピーチのスパルタトレーニング」詳細はこちら(実際の写真入りで紹介)

*「コンサルティング」詳細はこちら

*「過去実績」はこちら

*「お客様の声(受講動機・受講後のご感想)」はこちら